とらべがーる★ラプソディ

現在地 福岡県福岡市

Entries

三重県のNo.1グルメ決定!!

 本日はお昼から取引先とのビジネスランチでフレンチ。

 私以外の職員さんは(笑)

 まあ当然なんだけど。言えば私もメンツに入れてもらえたかもしれないけど。まあでもどうせフレンチ食べるなら、一人か気心の知れた人たちとゆっくりまったりしたいもんね。悔しくなんかないもーん。

 でもそのイベントのおかげで、まだ仕事が残っているにもかかわらず職場を追い出される羽目になったのです。

 まあそうなることは予想できていたので、私はしっかりと予定を考えていたのでした。12時半過ぎに職場を出発し、松阪インターの方向へ。ナビでは漠然としか場所が特定できなかったんだけど、走っていたらすぐに分かったよ。

 本日の目的地、「とりいち」さんです。今日はこちらで松阪名物鶏焼肉を頂くのだ~!!!

とりいち その1

 松阪と言えば牛があまりにも有名で、地元民は高級牛肉ばっか食べてるのかと思いきや、そんなことはないそうで。庶民は焼き肉と言ったら鶏を食べるのがスタンダードなんだってさ。ケンミンショーでも紹介されてたし、ガイドブックにもしっかり載ってるようなことなんだけど、全国的にはまだまだ牛を上回る知名度はないよね。しかし実際松阪で暮らしていると、あちこちで鶏焼肉のお店を見かけるんだよ。鶏好きな私としては、絶対に見逃せないご当地グルメだったんだ。

 これまで一人で行動するのに躊躇したことってあんまりないんだけど、一人焼肉だけはまだ経験していない。だからといって職場の人を誘いたくもない。ランチならまだ敷居も高くないかなと思って今日を狙ってやってきたというわけです。
 
 ドキドキしながら戸を開けて、どこでも好きなとこに座って良いと言われたので、テーブル席に陣取ります。案の定一人でテーブルに着いたら隣の席のおじさんにジロジロ見られたけど、良いじゃないかー!!一人だって鶏焼肉楽しむ権利はあるはずだー!!!

 メニューはこちらになります。結構シンプル。

とりいち その2

とりいち その3

 事前にちゃんと予習していたので、予定通りまずは若鶏とクビ(せせり)とご飯を注文。あっという間にお皿に盛られたお肉がやって来ます。味噌だれか塩だれか選ぶことができたんだけど、もちろん味噌だれにしたよ。

とりいち その4

 目の前のロースターで少しずつ焼いていきます。初めてだからどのくらい焼けばいいのかよくわかんないけど…とりあえず中まで火は通さないとね。

とりいち その5

 さっそく焼きあがったクビから頂きましょう。





 …おいしい!!!!

  
 味噌だれっていってもそんなに味が濃いわけではなく、ほんのりって感じなので、いくらでも食べられそう(笑)思わずヒネ(親鳥)も追加で注文しようかと思ったけど、さすがにそれは止めておこう。代わりに野菜たっぷりの鶏スープをお願いしました。鶏のダシが良く効いていておいしかった。

とりいち その6

 はー、おなかいっぱいになりました!これだけ食べて1500円くらいだったよ。こんなにおいしいならもっと早く食べに来ておけばよかったかも。

 三重県って農業・漁業のポテンシャルはすごく高いわりにおいしい名物がないなーと思ってたけど、ここにきてようやく私の求めていたものに出会った気分です。



伊勢うどんをディスってみる

 金・土曜日と職場の責任者の方が不在。その分私の負担が増えるので、かなり不安だったんだけど、なんとか無事に乗り越えることができました。いつもならば残業が当たり前の土曜日も、思いがけず早く終了してしまい、午後の過ごし方について急遽考えなくちゃいけなくなって。

 そこでふと思いついたのが、伊勢うどん。先日内宮に行ったときに、前回訪問時おかげ横丁で食べた伊勢うどんのことを思い出したんだよね。あの時は暑かったから、確か冷たい伊勢うどんを食べたんだった。しかしお世辞にもあまりおいしいものであるとは言い難いシロモノだったからさー…。あれはきっとバリバリの観光地で食べてしまったこと、そして冷で食べてしまったことが悪かったんじゃなかろーかと。そこで今回は事前にちゃんと調べて、有名なお店に伺うことにしたのです。

 松阪から車で1時間弱。伊勢市駅近くまで移動します。駐車場があるってことだったけど、どこかわかんなかったので、近くのコインパーキングに車を停めて、目的地の山口屋さんにやって来ました。

伊勢うどん その1

 今日は土曜日だし、時刻も13時半くらいでお昼時だから待たなきゃいけないかなーと思ってたんだけど、店内はガラガラだった。しかしさすが有名店だけあって、壁一面に芸能人のサインが並んでいる。これは期待できるかも、ということで、ちょっと豪勢に1200円もするあれこれ乗ったごちゃのせうどんなるものを注文することにしました。

伊勢うどん その2

 これだけお客さん少ないのに、注文してから時間がかかってしまうのは、この麺の太さが原因かも。

伊勢うどん その3

 さーて、さっそくいただきましょう!!あったかい伊勢うどんを!!


 うーん、、、




 やっぱり、イマイチ、、、かな…




 むしろ、前回食べた冷たいタイプの方がまだいくらかマシだったような…




 上に乗っかったエビフライや揚げや麩はおいしいんだよ。しかしこれがこの極太うどんを食べてみると、途端にまずく感じてしまう…。

 
 私が思うに、やはりこの麺の太さがすべてをダメにしてるのではないかと。他の具材には丁度良いタレの味でも、この麺につけてしまうと、表面がいくら真っ黒になったところで中までしみ込んではいないから、どうしたって粉の味に負けてしまうんだよね。だからといってタレの味を濃くしたら、それはそれで食べにくそうだし。麺がもう少し細ければ解決するんじゃないかと思うけど、そうなったらもはや伊勢うどんとしてのアイデンティティを失ってしまうことになるし…。

 伊勢うどんをちょっと調べてみると、やはり「おいしい」という意見は少数派だった。日本三大マズイ名物の一つに数えられているらしいし(笑)今回伺った山口屋さんに非があるわけではないんだけど、私ももう二度と食べることはないでしょう。色紙には「おいしかったです」「うどん県から来ました!」というコメントが書いてあるものもあったんだけどさ、彼らに本音を聞いてみたいとこだね(笑)多分うどん県の人たちは、私よりもっと厳しいこと言うと思うわー。

 うどんスキーな私にとって、やはり最強は讃岐うどん。そして二番手には五島うどんかなー。福岡のやわらか麺のやつもキライじゃない。讃岐みたいなコシのあるうどんばっかり食べてると、あのやわやわ感が恋しくなるんだよな。まあ麺そのものっていうより、福岡はどこもスープがおいしいよね。

 とてもじゃないが今のままでは伊勢うどんはこの布陣に入り込む隙、ないねー。伝統も大事かもしれんが、現代人の好みに合うような食べ方にアレンジしたものを開発してもいいのでは?そしたらまた食べてみようっていう気になるかもしれない(笑)











二度目の伊勢神宮

 先日、松阪は日本一暑い街となりました。内陸の盆地ってわけでもないし、海沿いの平野部なのにこんなことってあるんだねー。しかし暑さはこれからが本番。30度台前半じゃあまだまだだね。

 台風3号の被害も大したことはなく、雨がダーッと振ったくらいかな。そんなに長い時間じゃなかったし、私の通勤時間帯は降っていなかったので、せっかく用意していたレインコートも雨傘すら使わずに済みました。

 しかし今現在九州は大変なことになってるね。私の家のある福岡市内や実家の北九州は幸い無事だけど、スマホにバンバン福岡県の警報やらなんやらの情報が入って来るからさ。やっぱり一瞬ドキッとするよね。テレビつけたら朝倉、朝倉連呼されてるしー。まさかあの地味な朝倉市がこんなことで有名になろうとは思いもしなかったな。そして福岡県内に二つだけある村のうちの一つ、東峰村も。

 久大線は橋が流されてしまって全線開通になるまでにかなり時間がかかりそうなんだって?なんか久大線っていつもそういうトラブル区間を抱えているような気がする。「災害に見舞われた路線」ランキングってのがあったら間違いなく上位だと思う。それだけ厳しい地形のとこ走ってるってことなんだろうけど、ゆふいんの森号が走れないから、早く復旧してもらいたいものです。

 本日は仕事を終えて一度レオパレスに戻り、それから伊勢神宮へと向かいました。ホントはもっと早く行きたかったんだけど、土日は人が多いので避けたかったし、特に4月5月は菓子博とかがあってたから近寄りたくもなかったし、木曜日は歯医者通いだったし、ってことで今日になってしまったんだよね。

 前回四日市勤務の時、この辺の関連神社はほぼ制覇しているので、今回は内宮のみ。松阪からだと45分くらいかな。時刻はもう16時になろうとしているので、駐車場はガラガラだった。内宮に一番近いとこにスンナリ停めることができました。

 さっそく宇治橋を渡って、ご神域へ向かいましょう。
 
二度目の伊勢神宮 その1

 神苑付近、ウソみたいに人が少ない(笑)

二度目の伊勢神宮 その2

 五十鈴川の御手洗場もカップル一組しかいないし。

二度目の伊勢神宮 その3

 あ~懐かしいね。この五十鈴川の雰囲気がすごく印象に残ってる。台風のせいで水が濁ってるかもって思ったけど、キレイでした。ここでしっかり穢れを落とさねば~(笑)

二度目の伊勢神宮 その4

 松阪でも今日からセミが鳴き始めたんだけど、ここのセミもまだ成虫になったばっかりなのかちょっと鳴き声がたどたどしいような。でもいくらセミがうるさくても、ここの厳かな雰囲気は変わらない。

二度目の伊勢神宮 その5

 正宮に到着です。ちなみにこちらは向かって左手にある敷地に建てられております。以前私が来た時は式年遷宮の前だったので、右手の建物だったはずなんだよね。そちらのエリアには立ち入り禁止になってた。

二度目の伊勢神宮 その6

 信じられないことに、タイミング良くて誰もいない(笑)今のうちにご挨拶しなくっちゃ。アマテラスオオミカミ様、再びこの地にやって来ることができましたよ~!!!

二度目の伊勢神宮 その7

 ご挨拶できて、満足しました。もう他は見て回らずに、このまま内宮を後にします。以前来た時は鶏がたくさんいたのに、今日はもういないな。放し飼いなのかと思ったけど、さすがにそんなことはないか。

 内宮来たらやはりおかげ横丁でお買い物をしなければ。ふと入ってみたお店が、個性的なデザインでちょっと気になってたゑび屋さんだった。こちらで自分用、友達用、親戚用にお土産を購入します。

 そして大急ぎで駐車場へ。ここって1時間以内なら料金無料なんだよね(笑)ピッタリ1時間で出庫できたわ(笑)

 途中で買い物して、来た道をそのまま松阪まで。帰り着いたらもう19時近かった。やっぱりあの時間からのお出かけじゃあ内宮だけで精一杯だね。しかし夕方の参拝がこんなに快適だったとは。伊勢神宮はまた行く機会があるだろうから、今後の参考にしておこう。






肉の日のお祝いはやっぱりコレ

 松阪にやって来てから二か月半。他と比べると、あちこち遊びに行くペースが悪いのには理由があります。

 木曜日の半休の日は、歯医者さんに行かなきゃいけなかったのです。

 名古屋にいる時にヒドイ痛みに襲われ、年内で治療が終わるかと思いきや予約の取れない歯医者さんだったので、1本を治療するのがやっとだったのが発端なんだけどさ。その際に、もう1本虫歯になっているとこがあるから、早目に治療するように言われてたんだ。

 次の仕事先である人吉で治療するつもりにしてて、以前もお世話になった歯医者さんの受診を検討していたんだけど、保険証を受け取ったのが退職する1週間前。。。結局何もできなかったのです。

 それで松阪での治療になったんだけど、まず保険証が届くまでに数週間かかりまして。そしてゆっくり受診できる木曜日の午後に診てもらえるところを探してみたけど、この辺りの歯医者さんはほぼ木曜日がお休みで。結局唯一開いている隣町の某歯医者さんい行くしかなかったんだよねー。

 初日に患者と大ケンカしてる場面にいきなり遭遇してしまい、やめといた方がいいかな…と真剣に悩んだよ(笑)でもここで治療をあきらめると、今は何も痛みがない状態だけど、手遅れになる可能性もある。悪いところはとっとと治しておきたい。そう決心して、通院することにしたのです。まあ第一印象は怖さしかなかったけど、私には特に問題ない態度で接してくれたよ。色々細かいところで気になることはあったけどね。

 それで本日めでたく治療終了!!やっとまともに左右両方の歯で噛むことができるようになりました。それをお祝いして、今夜の夕飯は豪華にするぞー!ついにあの松阪牛を食するのだ!!

 肉の日だからちょっと安くなってないかなと期待してたんだけど、それは甘かった(笑)でもお店で食べるよりはずっとリーズナブルなはず。

松阪牛イチボ その1

 サシが美しい~!!

松阪牛イチボ その2

 夕食の他のメニューをすべて準備して、最後の最後で焼きに入ります。牛脂を広げて、ジョワっと軽めにいくつもりだったんだけど、ちょっと火が強すぎたかな。IHは色々難しい。でもおいしそう~♪

松阪牛イチボ その3

 150gが一瞬にして無くなったー。塩とエバラ黄金のタレで食べてみましたが、やはり塩の方がいいね。残った肉汁もごはんに吸い込ませて飲みつくす!!

 千屋牛のおいしさを超えることはできなかったけど、松阪も私的ランキングはかなりの上位です。今年の年末実家に送るのはほぼ確定かな。




 

石神さん

 今日も仕事が忙しかった…。終わって買い物してレオパレスに帰り着くともう14時を回っている。夜はテニスの振替を入れていたので、今から昼ご飯食べて出かけるのもどうかなーとは思ったけど、来週からは本格的な梅雨シーズンになりそうなので、天気のいいうちに遠出しとこうと思って。鳥羽のさらに先にある相差町(おうさつちょう)を目指すことにしました。

 15時に出発して、2時間くらいかかるかなーと思ってたけど、道が意外と空いていて1時間半ほどで到着。先日訪れた彦瀧大明神への道をさらに先に進んだところです。途中狭い道も多くて、大丈夫かなあと心配になったけど、相差町の市街地に入ると意外と拓けているではないですか。最寄りの近鉄の駅から山を挟んで数キロ離れているとこだし、もっと閑散とした田舎町を想像していたんだけど、旅館とかかなり立ち並んでいて、ちょっとしたリゾート地みたいになってる。九州人の私にはまったく馴染みのないとこだけど、近畿中部圏では有名なのかしら?

 さて、私がここへやって来たのは、鳥羽三女神の最後の一つ、石神さんを訪れるためでした。ガイドブックで煽っているわりには他二つがさっぱり賑わってなかったので、ここもそうかと高を括っていたんだけど、とんでもない!駐車場に指定されている相差海女文化資料館は満車だから別駐車場へと誘導されていたし。幸い私は資料館に入れることができたけどねー。係員さんも配置されていて、ここは明らかに他二つとは異なる雰囲気だよ。

 まずは資料館を見学するのが筋ってもんだよね。閉館時刻が迫っているし、帰りには寄れなさそうだし。

相差町 その1

 外にある昇龍の松。天に昇る龍のように見えることから縁起が良いってことで、手を当てて願い事をすると叶うんだとか。
 
相差町 その2

 中に入ってみましょう。無料で見学できるけど展示物はそう多くはないな。

相差町 その3

 海女さんの素潜りの様子を再現したお人形。1回の潜水時間はだいたい50秒くらいだって。重りの石を使って一刻も早く海底に向かい、そこでアワビやサザエを取ってくる。以前ミキモト真珠島で実演を見たことあるけど、結構原始的なやり方だよね。

相差町 その4

 資料館横の坂道を登っていくと目指す神社があるはずなんだけど、その途中にはお土産物屋さんが並んでいる。ホント他の2か所は一体何だったんだっていうくらい、ここだけは別格みたいだねぇ。場所的には鳥羽市街から一番離れているのに…。

 「海女の家 五左屋」さんへ立ち寄ってみます。築80年の立派な古民家を再生したというこちらのお店、1階はお土産物屋さん、2階はカフェになってるんだって。

相差町 その5

 聞けばここも17時までしか開いていないそうで、慌ててお買い物。荷物にはなるけど、仕方がないね。福岡へのお土産を色々買い込みました。

 さて、ようやく神社入口に到着です。坂をちょろっと上っただけ。しかも舗装された道。三女神の中では一番ラクだったかも(笑)つーか伊射波神社が例外的に過酷過ぎたんだな…。

相差町 その6

 ここは神明神社と言って、アマテラスオオミカミをお祀りしてるとこなんだよね。でもここで有名なのは主たる祭神のアマテラス様ではなく、こちらの摂社、石神さんと呼ばれる小さなお社なのです。ご祭神はタマヨリヒメノミコト。

相差町 その7

 古事記のおさらい…(笑)山幸彦と姉であるタマヨリヒメの息子、ウガヤフキアエズノミコトの養育をして、最終的に妻になってしまったのがタマヨリヒメ。そして神武天皇の母上。私も今まであちこちでタマヨリヒメをお祀りしたところを訪れはしたけど、ここは主祭神のアマテラス様を完全に食ってる(笑)訪れる人のほとんどがここがお目当てなんだよね。

 石神さんは海女の守り神なんだけど、女性の願いを一つだけ必ず叶えてくれるという言い伝えがあるそうな。そのためお願い事を書く紙が置かれている。郵便局の書類書きスペースみたいなとこで願い事を記入し、その紙を持ったまま鈴を鳴らしてお参りするんだって。さてご利益はいつごろ現れるかな?

 本社の方にお参りします。こちらでは大祓という行事で、紙の人型に自分の穢れを移しとって、祓ってもらうことができるらしい。最近色々あって、負のパワーで穢れまくってるだろうから、これは大変ありがたい。

 なんか白い物体が、と思ったら、猫がいました。誰かを探しているのか、あちこちウロウロしている。建物の中にも入ろうとしているし、神社の人がエサをあげてるのかな。野良にしては肉付きがいい。ちょっとだけ触らせてもらったけど、怖がる様子もなかった。今日は鳥居に茅の輪も取り付けられていたんだけど、それに乗っかったりしてたし、ずいぶん我が物顔だな~(笑)

相差町 その8

 境内にあるヤマモガシの木。樹齢約300年だそうです。かなりの大木。

相差町 その9

 石神さんのお隣の稲荷社。お稲荷さんにはありがちな赤い鳥居だけど、実はこれが三方向に向かってあるんだよね。こういう配置は全国的にも珍しいんだって。私のカメラではその構図を押さえることができず残念だ。

相差町 その10

 案の定帰り道ではお土産物屋さんは閉まっていた。でもやっぱりアレが欲しいなーと思い、駐車場近くにある、ものがゴチャゴチャ散乱したお店にてこちらを購入しました。

相差町 その11

 格子状の模様がドーマン、星の形のがセーマンという海女さんの魔除けです。ドーマンの方はたくさんの目で魔物を見張る、セーマンの方は一筆書きであることから元の場所に戻ってくる、始めも終わりもないから魔物が入り込む余地がないということなんだって。ホントは神明神社の社務所で売られているお守りが有名なんだけど、もう時間が遅かったから閉まってたんだよねー。ちょっと呪術的な感じがして、よそのお守りとは一味違うから、お土産にもいいかと思ってたんだけどね。今回私が購入したのは小さな木片に刻まれたものだけど、車に飾っとこうかと思って。熊野大社のお札とか金毘羅さんのお守りとかも乗せてるんだけど、やはり私の日常では一番アクシデントが起こりやすい存在だからね。念には念を入れて、です。

 滞在時間は約40分かな。これで鳥羽三女神全部クリアです。


Menu

プロフィール

takakojou

Author:takakojou
約3ヶ月単位で、日本各地へ出稼ぎ中。行った先々で起こった出来事やその土地の魅力を紹介していきます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

TOTAL

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード