FC2ブログ

とらべがーる★ラプソディ

現在地 岐阜県大垣市

Entries

土佐西部紀行 ~竜串海岸~

 岸に戻り、おじさんにお礼を言って船を降りる。そのまま竜串海岸の遊歩道へ直行。しかし遊歩道と言いながら、どれが道なのかよくわからん(笑)天然石をそのまま利用しているので、ちょっと道を誤ると途端に行き止まりになっちゃうよ。

竜串海岸 その1

 おお、間近に見える!

竜串海岸 その2

 こりゃあ見事な蜂の巣状だね~!!!これと同じようなのは三重県の尾鷲でも見たけど、あそこよりすごいかも。範囲も広いし。

竜串海岸 その4

 これが串がさしているように見える岩。宮崎の鬼の洗濯板とは違うねー。

竜串海岸 その5

 サンゴのかけらの浜。サンゴが流れ着くのはこの場所だけ、ってことだったけど、実はあちこちにあるような…(笑)

竜串海岸 その6

 大竹小竹。恐竜の背骨のように見える、ってことだけど、もちろんこれも岩なわけです。

竜串海岸 その7

 地殻変動で砂浜だった地層が盛り上がったーってカンジだよねぇ。

竜串海岸 その9

竜串海岸 その10

 しぼり幕。 

竜串海岸 その11

 岩から生れ出てきそうなでっぱり。ノジュールというやつだろうか。貝などを核にして丸く凝固した石らしい。

竜串海岸 その12

 これは割れて中が見えているんだけど、なんか貝っぽい光沢があるような。

竜串海岸 その19

 ちょっと分かりにくいけど、これ通路です。奥に見えるコンクリート部分まで岩の上を歩かなきゃいけない。もちろん平らじゃないので、気をつけないと!さっきの観光案内所に昔の写真が飾ってあって、その当時の女性はタイトスカートにヒール靴なんだよ!不自由な時代だったんだねー。ちなみに今日の私は、もちろんスポーツ用シューズ履いております。

竜串海岸 その13

 ここらへんで全行程の3分の1くらい。まだまだ不思議な光景が続いている。

竜串海岸 その14
 
 それにしても誰もいないなぁ。こんなにすごいとこなのに。私も高知のガイドブックを買うまで竜串海岸なんて知らなかったし、もしかして高知県は観光PRがヘタなんじゃなかろうか。今どきただ待っていたって客はこないよ~?

竜串海岸 その15

 蜂の巣箱状態!ハチミツがとろーっと落ちてきそうだ!!

竜串海岸 その16

竜串海岸 その17

 骨以外の何物でもないような岩も通路になっている(笑)

竜串海岸 その18

竜串海岸 その20

 クジラを斜め下から見てるみたいだね~。

竜串海岸 その21

竜串海岸 その22

竜串海岸 その23

 竜門の滝。地面がこの角度まで斜めに立ちあがってしまうパワーはどんだけすごかったんだろうねぇ。

竜串海岸 その24

 かぶと岩。なんかでっかい虫が群がっているみたい~!

竜串海岸 その25

 不背山。どこから見ても表に見えるんだって。 

竜串海岸 その26

 こうして延々と奇岩が連なっているわけです。

竜串海岸 その27

竜串海岸 その28

竜串海岸 その29

竜串海岸 その30

 は~1周30分くらいかかるけど、ここはそれだけの価値ある場所だったね~。堪能しました!!!



 駐車場へ戻り、今夜の宿がある足摺岬方向へと向かう。ここからのルートは3つあるんだけど、カーナビで出てくる足摺スカイラインではなく、西側の県道を走った方が景色が良いとさっき観光案内所のおばさんに教えてもらったので、そちらを通ることに。確かに海を眺めながらのドライブにはなるけど、道狭いわ~!対向車も結構とばしてくるしで、景色を楽しむ余裕はなかったかな。

 今日泊まる足摺パシフィックホテル花椿に到着したのは5時。今まさに陽が沈もうとしている時間帯だった。ホントは4時に到着の予定にしていたので、すでに遅刻状態なんだけど、やっぱり足摺の夕陽を拝んでおこうかと思ってさあ。ホテルからは夕陽は見えないそうなので、大急ぎでホテルの手前の方にあった駐車スペースへと引き返す。一応夕陽がキレイに見える場所らしいんだけど、どうやら手入れがあまり行き届いていないらしく、雑草が邪魔になって海と太陽が良く見えないよ~!

 なんとなくイマイチだったので、もしかすると足摺岬の近くに行った方が良いのかもしれないと思い、再び移動する。ところがこちらも狭い道幅に苦労してね~。そして夕陽を見渡せる場所があるのかどうかも良く分からない。となると、やはりあそこだ!とホテルから岬への細い道へ戻る。ここの途中にバス停があって、そこからなら遮るものもなく、眺めもバッチリ!

 …ところが肝心の夕陽は、いいところで雲に隠れてしまったんだよねー。。。残念。

足摺の夕陽

 気を取り直して。再びホテルの駐車場へと戻る。荷物を下ろし、チェックイン。お客も少ないみたいなんで、静かに過ごせそうだな。ここは斜面に建っているホテルなので、フロントのある場所が3階になっている。私のお部屋も同じフロアなんだって。

 案内されたのは、こちらのお部屋!

足摺パシフィックホテル花椿 その1

 窓の外には太平洋。うーん、なかなかの眺めだね。そして眼下の建物が、大浴場のある別館らしい。噂には来ていたけど、本館からちょっと離れているなぁ…。しかも階段あるらしいし。 

足摺パシフィックホテル花椿 その2

 今回私は部屋食のプランを選んだんだけど、やはりまずはお風呂にゆっくりつかりたい。食事はその後にして欲しいということで、7時半に夕食を運んでもらうことになった。

 荷物を片付け、早速浴衣に着替えて温泉へと向かう。別館への長い道のりは、やはり足腰の弱い人にはちょっと厳しそうだね。それにしても通路に暖房が入ってないので、これじゃあお風呂上がりの体もあっという間に冷えそうだよ!

 入浴客は一人しかおらず、しかも私が入るとすぐに出て行かれたので、ほぼ独り占めだった。おかげで誰に気兼ねすることもなく、ゆっくりじっくり入浴できたよ。そしてここのウリである露天風呂にも行ってみた。その場所までも階段を下りていかねばならないので、まずはサウナで体を温めておいたよ。もう陽が落ちてしばらくたつので、海はなーんにも見えやしないけどさ。そのかわり、星がキレイだったー!この辺りは街灯もないので、夜空も素晴らしいと聞いてはいたが。今日はちょっと雲がかかっているんだろうけど、それでも高知市内よりずっとよく見えた。

 時間になったので部屋へ戻ると、すでに食事は運びこまれていた。わ~なかなか豪華だよ~!!左のお皿に入っているのはチャンバラ貝。名前に反して味はなかなか上品だった。上のお皿の右には、今が旬の清水サバがあったけど、かなり小さくて残念~。

足摺パシフィックホテル花椿 その3

 ウツボとカツオのたたき。この間食べたウツボは殆ど身が付いていないから揚げだったけど、今回はしっかり肉厚なものが入っている。これもおいしかったねぇ。

足摺パシフィックホテル花椿 その4

 カツオとブリとイカのお刺身。

足摺パシフィックホテル花椿 その5

 茶碗蒸しとブリの天ぷら。こっちでもブリは獲れるんだね。去年食べた氷見の寒ブリには及ばないけど、これもおいしかったな。

足摺パシフィックホテル花椿 その6

 ヒオウギガイの鍋。

足摺パシフィックホテル花椿 その7

 そしてシメはブリの炊き込みご飯!これがまたおいしくって!!お釜のごはん全部平らげてしまいました~!!

足摺パシフィックホテル花椿 その8

 お料理の品数はちょっと少ないけど、私はこれで丁度良いんじゃないかなって思ったよ。地元の食材をふんだんに使っていることもポイント高し!やっぱりここのホテルにして正解だったかも。



関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

takakojou

Author:takakojou
約3ヶ月単位で、日本各地へ出稼ぎ中。行った先々で起こった出来事やその土地の魅力を紹介していきます。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

TOTAL

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
424位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

検索フォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード