とらべがーる★ラプソディ

現在地 和歌山県和歌山市

Archive [2010年02月 ] 記事一覧

「合同選抜」事件 その6

 北九州へは多分国鉄(まだJRじゃなかった!)を使ったと思う。祖母が一人で住んでいた家へ向かい、思いもよらぬ同居生活が始まったわけだ。もちろん長期休暇の時には遊びに来ていたから、全く知らない家というわけではなかったけど、住むとなると話は別だ。合わないパズルピースのような違和感を感じながらの生活がそれからしばらく続くことになる。 さて、肝心な姉の受験だが。これがまた大変だった。まず母が問い合わせたの...

「合同選抜」事件 その5

 これは後から聞いた話。我々が北九州への移住について話し合っていると、姉同様H高校へ回された生徒の親から電話があったそうだ(一体どういうルートで番号が知れたんだか…)。姉とは違う中学の人だったけど、模試トップクラス常連だったので、名前だけは知っていたらしい。  そちらの親御さんは、今回の結果を受け、裁判を起こすことにしたという… 本当に成績優秀者の枠というものが存在したのか。4校への振り分けは、順位...

「合同選抜」事件 その4

 姉はH高校への入学を辞退した。 どこから情報が漏れていたのか知らないが、姉の結果を聞きつけて私立O高校から電話がかかってきたそうだ。一応そこの特進を受けてもちろん合格していたんだけど、そんなことも私はまったく知らなかったよ。なんでも授業料免除の特待生にするから、ぜひO高校へという話だったらしいけど、もちろん母と姉は断った。もったいない話だとは思うが、受験の流れ上私立を受けざるを得なかったことと他...

「合同選抜」事件 その3

 失意の姉と母は、H高校に割り振られた(回された、という表現を使っていた)生徒たちへの学校説明会に、一応出席したそうだ。そこでは色々なことが判明した。 まずは高校での授業について。合同選抜と銘打っておきながら、現場のレベルは元のまま。使用される教科書は各校で異なっていたし、教師の入れ替わりもないということだった。ということは、もちろん大学受験への影響が心配されることになる。 そしてH高校というとこ...

「合同選抜」事件 その2

 姉の受験当日のことはよく覚えていない…。 しかしどうやら皆はかなり楽観的だったようだ。成績優秀者枠というのが一体何人くらいなのかも分からない状態であったにもかかわらず。そんな難関を狙わずに80%くらいの力を出せば、U高校に行けるんじゃないか?という考えもあったかもしれない。しかしその判断基準すら明確でない。何しろその4校で合同選抜が行われるのは初めてだったから。例えそうであったとしても、我が姉なら120...

Menu

プロフィール

takakojou

Author:takakojou
約3ヶ月単位で、日本各地へ出稼ぎ中。行った先々で起こった出来事やその土地の魅力を紹介していきます。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

FC2カウンター

TOTAL

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
52位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード