とらべがーる★ラプソディ

現在地 岐阜県高山市

Entries

美濃和紙の里会館・子宝温泉

 車に乗り込み、次の目的地を模索。今日はあんまり予定決めてなかったから、ガイドブックで近場の観光地を探してみたんだけど、この辺ってホントに何もないんだよね(笑)今から移動となると、限られてくるなぁ…。

 256号を更に南下し、板取川沿いにポツンと建つ美濃和紙の里会館へやってきました。他に大きな観光地があるわけでもなく、どーせこんなとこじゃお客なんて私くらいなもんでしょ、と思っていたら、意外と駐車場埋まってる(笑)

 おなかすいたから付属のレストランで何か食べたかったんだけど、生憎オーダーストップの14時になりそうなのでパス。結局モネの池に1時間以上居たからなぁ。そりゃそんな時間にもなるわ。

 入場料は500円。順番に展示を見ていきましょうか。企画展はさほど興味をひかれなかったかな。常設の展示の方が面白かった。特に実際の和紙を作る行程を紹介してたのは面白かったね。

 和紙と言えば、原料の入った水をチャプチャプ掬いあげて紙の形を作るっていう知識はあったけど、その前段階は知らないことばっかりだった。まず原料の楮(こうぞ)を山から取ってきて、蒸して皮を剥いで、水にさらして、干して、といくつもの工程を経なければあの紙漉きまでたどり着かないんだね。

 紙漉きの行程をじっくり見たのは初めてかもしれない。和紙の産地によって木枠の動かし方は違うみたいだけど、プロの手にかかればあっという間に、原料がふよふよ浮いた水の中から1枚の紙を作り出すのです。1階に体験できるとこがあったけど、私にまともなものが作れるわけないし、パスしとこう。

 こちらは吹き抜け部分に飾られた鳥のモビールみたいな作品。今日は快晴でいい背景になってるよね。   

美濃和紙の里会館 その1

 こちらはなんと紙でできたドレス。こうやって作ったからにはちゃんと着用できるんだろう。

美濃和紙の里会館 その2
 
 1階のお土産物屋さんに寄ってみた。散々悩んだけど、結局何も買いませんでした。商品自体はたくさんあったんだけど、これといって欲しいものがなかったんだよね~。


 近くにある道の駅へ移動。こちらでご飯です。田舎のしょーもない道の駅かと思いきや、大きな生産者直売所が併設されていて賑わっている。野菜も安くて、ジャガイモとズッキーニがどちらも1袋100円であった。あとで買わなきゃ。

 もうおなかすいたの通り越したけど、やはり何か食べておかないとマズイ。メニューを見てみると、この辺りのグルメで「にんめん」なるものがあるそう。せっかくなんでそれを注文しましょうか。

 薬味と焼き鮎、ほぐし身で味付きの鮎とうどんが出てきました。これで1000円也。

鮎にんめん

 何の説明もないから困ったけど、これ全部丼にぶっこめばいいんだよね?鮎のダシと程よい塩加減になるようです。肝心のうどんはかなり太めでしっかり噛み応えがある感じ。絶品ってほどじゃないけど、まあほどほどにおいしいものでした。ただ、トッピングの梅干はいらないかなー。

 ホントは中心部の方にある大きなイオンに行こうかと思ったんだけど、もっと手前にビッグがあったんで、今日の買い物はそちらですることに。せっかくここまで出てきたんだもの、やはりイオンでまとめ買いしとかないと。冷凍食品とかがやはり安いね。保冷バッグいっぱいにあれこれ買い込みました。

 ゆっくり買い物したので、ずいぶん時間が経っていた。18時過ぎにビッグを出発し、18時半に子宝の湯へとやってきました。

子宝温泉 その1

 別に子供が欲しいわけではなく(笑)ここは長良川鉄道の駅と同じ建物に温泉があるという珍しい構造なのです。入館料は600円だった。

子宝温泉 その2

 お風呂はあんまり温泉っぽくは感じなかったけど。でも設備はキレイだし。あまり人も多くなくゆっくりできたよ。

 帰ろうとしたとき、ふと時刻表を見てみるともうすぐ電車が来ることがわかったので、しばし待つことに。20時前着のはずが、少し時間遅れたみたいだけど、長良川鉄道のワンマン電車がやってきました。

子宝温泉 その3

 走り去ってから気が付いたんだけど、後ろ半分がクロネコヤマトのペイントになってたよ。クロネコさんが配送に電車を活用することにしたってニュースいつだったか見たけど、あれってここのことだったのかしら。 
 
 温泉からのローカル列車でシメたところで、高山に帰りましょうか。21時半くらいになるかな?






スポンサーサイト

モネの池 その2

 根道神社の一角にあじさい園の案内があったのでそちらに行ってみることに。林がちょっと良いカンジじゃない?。

根道神社 その4

 この辺りはあじさい推しなのかな?先ほど通った国道256号はも別名あじさいロードというらしい。確かに途中あちこちで咲いているのを見かけた。

根道神社 その5

 花が大きくて見映えはするもんね。こーいうとこで育てたやつをせっせと植え替えているのでしょうか。

根道神社 その6

 なんだ?この罠…。もしかして熊用??????まあ出てもおかしくないような場所ではありますが。

根道神社 その7

 青ばっかりで赤い花がないなあ。ということは、土壌は酸性だ!!あじさいは土壌のpHによって、リトマス試験紙と逆の色になるんだよね♪ややこしい~(笑)

根道神社 その8

 周囲を見渡してみると、山山山!近くを流れる板取川は魚釣りに適したとこで、キャンプ場とかもあちこちにあるって。でもモネの池がなかったら、いくら私でも絶対来ないエリアだよなー。

根道神社 その9

 最後にもう一度モネの池を激写。光が入り込む時間帯が良いってことだったけど、まだ大丈夫そうだな。

モネの池 その5

 誰かが「蓮、キレーイ!」ってバカなことを言ってるよ。。。

モネの池 その6

 モネの睡蓮シリーズとか芸術に疎い私でも知ってる超有名画なのに…。

モネの池 その7

 まあこれが全部蓮だったら、全然違う印象になっただろうね。一気に線香臭くなるかも。ここ神社だけど。っていうかこんなきれいな池じゃあ育たないかもね。だって泥がないと蓮根ができないじゃない?

モネの池 その8

 母に写真を送ろうと思い、橋の上からスマホで撮ってみたんだけどさ。これがカメラの性能の違いなんでしょうか、こっちのほうが絶対美しい~!!

モネの池 その9

 なんだか実際よりも写真の方がキレイかもしれん(笑)

モネの池 その10

 かなり長いこと水面を見ていたけど、人も多いしそろそろ場所を譲らないとね。池の傍にあるフラワーパーク板取に行ってみましょう。観光客向けのこぢんまりしたとこかと思いきや、内部はかなりの広さ。様々な種類の苗や鉢が売られています。

根道神社 その10

 多肉植物のオシャレな鉢もあった。欲しいけど、今の私は生き物のお世話ができるような状況じゃないしなぁ。福岡の自宅に置いとくのもかわいそうだもんね。

根道神社 その11

 今のおススメはやっぱりあじさいだな。これなんかすんごい色鮮やか!
 
根道神社 その12

 そういえば何年か前に母の日のプレゼントで贈った栃木のあじさいの鉢、どうなったんだっけ??次の年も一応花は咲いたらしいけど、その後話を聞かないなー。もう捨てられちゃったかな?

根道神社 その13

 私はお花は買わなかったけど、親戚用のお土産を購入しました。レジを打ってくれたおじさん、「モネの池は意外と深さがあるんですよ~」なんて豆知識を教えてくれたんだけど、実はこの方がモネの池を作った小林さんだったらしい。そうと知っていれば色々聞きたいことあったのに(笑)







モネの池 その1

 高山にやってきて1週間が経ちました。

 ずっと天気が悪かったこともあり、朝晩はかなり肌寒い。12,3度って日もあったくらい。ほとんど春先の気温だよね。今回レンタル布団をお願いしていたんだけど、掛布団がうっすいペラペラのやつでさぁ…。そんなこともあろうかと、いつも使ってる2枚重ねの羽根布団もちゃんと持参してたんだ。それがなかったら、絶対風邪ひいてたよな…。

 何しろここ標高が600mもあるんだって!松本ですら500だったのに、それより更に高いとこにあるんだよー!!ってことはテニスなんかしたら、あっという間に息切れするってことだな…。大丈夫か、私の心臓…。まあ今ちょっと肩を痛めているので、テニスはしばらくお休みしようと思ってるんだけどー。。。

 新しい職場は、なんていうかとてものんびりしたとこみたい(笑)ホントに私のような派遣社員が必要だったのかなーって疑問に思うくらいやることなくて、なんか申し訳ない感じ。でも今のところとても良くしてもらっていて、穏やかな日を過ごしております。

 さて、今回の職場も土日休みなんだよねー。ヒマヒマとはいえ、いきなり5日間連続勤務はちょっと疲れたし、今週末はおとなしくしていようかなーとも思ったんだけど、この梅雨時期に貴重な快晴を無駄にするわけにはいきません。ガイドブックをまだサラッとしか読めていないんで、とりあえず一番気になったとこから攻めていくことにしました。

 9時に起床し、11時過ぎに高山を出発します。今まで何度も通ってるけど、改めて考えてみると高山の市街地から東海北陸道の本線までって結構距離あるんだよね。地図上でいうと10キロくらいにかな?今は中部縦貫道の高山インターがあるので、そこからぶっ飛ばせば大した時間はかからないんだけどさ。

 この中部縦貫自動車道という御大層な名前。そういや岐阜と長野を結ぶ安房トンネルもその名前がついていたはず、と調べてみると、やはり松本から安房トンネル通って高山降りてきて東海北陸道を経由し、福井市まで至るルートを計画してるんだって。いつ出来上がるのかは知らんけど。っていうか、全線開通の日はホントにやってくるんだろうか???もしそうなったら、平均海抜が日本一の高速道路とかにになるんじゃない?まあ標高1300m越えの安房トンネルが間違いなく日本一標高の高い高速道路だよね。

 南に下ると標高が下がり、その分外気温も高くなる…。郡上八幡で高速を降り、一般道へ入ったあたりだともう軽く25度を超えているな。これが今時分の真の気温だとわかってはいるけど、高山の気候に慣れ始めた身にはツラいなぁ。

 それにしても絵にかいたような日本の里山風景が続くよ。山と山の間の平地に家があって田んぼがあって川が流れていて…。まんが日本昔ばなしの舞台のようです。

 国道256号を進み、長いトンネルを抜けると関市に入りました。3桁国道200番台だけど、さすがに田舎だからところどころ道幅の狭いとこを通らなきゃならない。私の前後にも車は数台いるし、交通量はそれなりにあるみたいだから、気を付けて運転しないといけないな。

 高山からちょうど100キロくらい、13時前に目的地の根道神社へやってきました。最寄りの駐車場はあまり広くないなー。せいぜい50台くらいかな?たまたま出る車がいたから、そこにスッと入れたのでよかったけど。満車だったらうんと引き返したとこに車停めなきゃいけないみたいだったね。GWとかは渋滞するらしいもんねー。

 道路を渡って、田んぼの横を通り、右手に行くと神社境内になるんだけど、そんな道案内見なくってもあの人だかりを見たら、あっちだってすぐわかるなー。

根道神社 その1

 私が岐阜で見たかったもの第一号、それがこのモネの池です!!!手前のこの辺はあまりキレイじゃないけど!

モネの池 その1

 池の真ん中らへんが一番透明度が分かるとこかも。鯉があんなに色鮮やかに見えるなんて!

モネの池 その2

 このモネの池ってのは通称で、正式な名前はないんだって。モネの睡蓮の絵のように美しい、ってことでのネーミングらしい。ちょうど今が睡蓮の見ごろらしいので、タイミング的にはバッチリだったね。ただ、澄んだ水と睡蓮と鯉を一緒に写すのはとても難しい。
 
モネの池 その3

 大きさはテニスコートよりもちょっと大きいってことだが、確かに1.5面分くらいで横に長い。周囲は一周できるように遊歩道が造られている。池には山からの伏流水が流れ込んでいるんだけど、火山岩が主体の山らしく養分分が少ないから微生物が育たないんだって。それで池の透明度が高いらしい。

モネの池 その4

 何年か前テレビ(ブロードキャスターだったと思うけど)で紹介されてて、あまりの美しさに驚いたんだよね。あの時は岐阜にあるってことは印象に残らなかったんだけど、ガイドブック見てて気が付いたの。別に観光客目的で作られたものではなく、池造って、睡蓮とか植えてみて、飼えなくなった鯉を入れたら、たまたまこうなったっていう。それが今は外国人も訪れる人気観光スポットになっちゃったんだよなぁ。

 せっかくここまで来たので、肝心の根道神社にもお参りしていきましょう。

根道神社 その2

 あー、、、ホント村の氏神様って感じのお社ねぇ。。。

根道神社 その3

 下の池に比べてこっちまで上がってくる人は少ないみたい。ちゃんとお参りしなきゃだめでしょー!バチがあたるよ?



 

飛騨高山到着!

 本日は6時半起きです。20時出発だったから、到着も朝の8時半と少し遅め。現地にはなるべく早く着きたいので、時間の節約のために早起きして船の中で朝食を頂くことにしました。まあどっちにしろ、子供の声がうるさくてそれ以上は寝てられなかっただろうけどね。

 7時半にレストランへ。うーん、メニューのラインナップが今の私のおなか具合とビミョーにマッチしない…。サラダ付きのエッグベネディクトだけ注文して座席を確保し、下の売店前で売られていたアップルパイとヨーグルト、コーヒーを買ってきました。

阪九フェリー 6月9日 

 予定通り8時半に船が着岸し、車もスムーズに出すことができた。いつものように神戸を素通りし、阪神高速に乗って西宮から名神高速へ入ります。阪神高速が若干混んでいたけど、後は問題なく順調だ。

 いつもなら大阪の吹田で朝ごはんなんだけど、今日はもう必要ないのでこちらもスルー。出口に向かう車で込み合う京都を抜け、走っているとチラッとしか見えない琵琶湖のある滋賀に入り…まあこの辺まではいつもの道よね。草津から新名神に入るってのが最近のパターンなんだが、今日はこのまま名神高速を突き進みます。

 栗東あたりで渋滞情報が出ていたけど、私が通る頃にはもう解消されていたみたい。こっちの道は以前富山に行ったときに通ったきりかなあ。あの時は米原から北陸道に入ったんだよね。だからその先の名神は通ったことのない、未知の道(笑)だと思う、多分。

 養老SAでいったん休憩。おかげさまで今日も晴れなので、あっついんだわー。メロンシェイクで頭を冷やします。ここのSA、東海地方の主要なお土産がほぼ置いてある感じだった。もちろん浜松のうなぎパイも…(笑)

 一宮まで名神を走り、そこから東海北陸道へと入ります。以前金沢であるナックスの舞台を観に名古屋から向かったときに通ったと思うけど、あの時は高速バスで爆睡してたからね。全然印象がないんだ(笑)自分の車では初めて走るのかな。

 あっという間に深い山間部に入ってきました。そろそろ眠くなってきたなー。先日学んだように、外気を入れなきゃとは思うんだけど、この道トンネルが多くて、排気ガス臭い空気がすぐ入ってくるからできないんだよー。それにずっと80キロ規制区間だし、途中から対面になるしさぁ~、なんかタラタラしてるんだよなぁ。

 13時前に目的地、岐阜県高山市に到着しましたー!!これから3か月、ここが私のホームタウンとなるのだ!神戸から300キロちょっと、時間は4時間くらいかな。行程のうちほとんどが高速だったし、特にトラブルもなかったのでかなり優秀なタイムではないかと。

 富山にいるころ、姉のリクエストで観光に来たことがあるけど、高山市っていうより、飛騨高山って言わないと世間では通用しないと思われる(笑)近年は外国人観光客に大人気で、所謂サムライルートの最重要都市でもあります。JRが通っているとはいえ、単線の寂しいダイヤだし、名古屋出るのに2時間以上かかるし、どんな秘境なのかと思いきや、意外に街だなっていうのが最初の印象だった。来てみないとわかんないことってあるよねえ。私も高山がどんなとこか事前に知らなかったら、働くの躊躇しただろうなぁ。

 実は今回の話は浜松に行ってまだ間もない段階で来ていたのだ。先の話だし、そこで決めてしまうのはあまりにも時期尚早ではないかとも思ったんだけどさ。何が決め手になったかって、そら給料ですがな(笑)最近その水準まで出してくれるところがなかなかなかったので、こんなおいしい話今決めなかったら絶対他の人に取られてしまう!と思って即決しました。なので具体的な話はもう3月からもう始まってたんだよねー。浜松の不潔な職場で耐え忍んでいた間、夏になったら飛騨高山の清涼な空気を思い切り吸い込んでやるんだ!と意気込んでたよ。そしてめでたく今日この日がやってきたのです。

 不動産屋さんに立ち寄り、入居するマンションの説明を受けます。高山ってゴミ出しのルールがキビシイのね~…。一番よく出る可燃ごみを捨てるのに100円の券を貼って出さないといけないんだって。そんなとこ初めてだわー。。。

 マンションに辿り着くと、さっそく荷物の搬入を開始。お部屋はとてもキレイだわ。マンスリーマンションなんだけど家具も充実してるし、レオパレスと違って色々と生活用品置いてくれている。トイレットペーパー買わなきゃと思ってたのに、12ロール用意してくれていたのでありがたかった。

 ところがですね。お願いしていたレンタル布団が届いていないのですよ。不動産屋さんに電話したら、あちらのミスで発注してなかったみたい。急いで届けてもらえることになったから良かったけど。まあ今さらこんなトラブルでビビる私じゃないわ(笑)

 とりあえず荷物をすべて入れてしまったところで、買い物に出ます。街中にはコンビニやスーパーもいくつもあるみたいだし、100円ショップも大きいのがあるし、意外に生活には困らなさそうなんだよね。まあ難点としてはイオンがないってことなんだけどさ。

 あちこち回ってたら遅くなってしまった。急いでマンションに帰ると、不動産屋さんがお布団持ってきてくれていたよ。部屋に入れてもらって、後はひたすら荷物整理です。がんばるぞー!

 


 

新たな地へ

 今日は10時起床。ホントはもうちょっと早く起きなきゃいけなかったんだけど、昨夜ベッドに入ったのがほぼ明け方だったので、これでも睡眠時間は短い方。眠い目を擦りながら、まずは朝御飯をいただきます。それから残りの荷物を車に積み込み、部屋の掃除と洗濯。何とか片付いたね~!今回は移動までの時間が短くて焦ったけど、そこはもう慣れてるし、どうにかなるもんです。

 どうしても見ておきたかったアメトークを最後に見て、次なる仕事のため、新天地へと出発です。結局15時過ぎになったな。都市高速から3号線へ入り、まずは実家を目指します。

 16時過ぎに到着し、少し早めの夕御飯を食べさせてもらったよ。もちろんメニューはいつもの如く、鶏のから揚げです。親戚がわざわざ私のために美味しい鶏肉を届けてくれたんだって。おいしかったー!

 18時前に実家を出発。北九州の都市高速を使い、新門司へといつものコースを辿ります。週末だってのに、あんまり混んでなかったので、1時間かからずに着いたよ。すぐに乗船手続きをして待機。今日はいくぶん涼しいから、車内で過ごせた。その間に各所へ連絡を入れて、と。こういう時間もムダにはできんのだよー。

 今回は神戸行きのフェリーでございます。泉大津行きは毎日同じ時刻に出航だけど、こちらは週末になると20時発と時間が遅くなるんだよね。おかげで実家で最後の晩餐をしてから出発できるわけですが。このダイヤの船に乗るのって久しぶりだから、なんか違和感あるなあ。

 意外に早く車列が動き出した。ちゃちゃっと乗り込み、フロントでシングルルームの鍵をもらってお部屋へ。うーん、見慣れた部屋だが、やはり泉大津行きの船の方が豪華なので、やや物足りなく感じるな。

阪九フェリー 6月8日

 荷物を片付け、すぐにお風呂へ向かいます。今日は子供が多くて騒がしかったけど、朝からバタバタして汗かいてたから気持ちいい~。

 部屋に戻り、お肌のお手入れ。そろそろテレビのチャンネルを調整しておこうとつけてみると、もうMステ始まってるじゃない!!今日は本当に久しぶりにオオカミが出る日だったから、絶対見逃せないと思って、正座待機するつもりだったのに。21時からだと思ってたんだけど、20時からなのね。

 まあちょうど始まるとこだったんで、歌うとこは間に合った。でもその前のタモリとのトークとかが絶対面白かっただろうから、そこを楽しみにしてたのにさー。まあ一応福岡で録画してるから、また今度ゆっくり見ないとね。だってTake me underのMVにも出演されている豚さんと狼さんのアクションに目を奪われて、肝心のメンバーの演奏がよくわからなかったんだもの!その状態で歌詞の字幕まで追えるかっつーの。最低3回は繰り返さなければ(笑)

 あとは報道ステーションを見て就寝するだけだな。何しろ昨晩あんまり寝てないから、明日のロングドライブに備えて早く休まないと!






 

Menu

プロフィール

takakojou

Author:takakojou
約3ヶ月単位で、日本各地へ出稼ぎ中。行った先々で起こった出来事やその土地の魅力を紹介していきます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

TOTAL

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
787位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
76位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

検索フォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード